HOME > 体験レポート

体験レポート

求職者
引っ越して、被災12市町村で働きます!!
カテゴリー: 企業見学バスツアー / 合同就職面接会 / 就職相談

匿名希望

taiken_story

<バスツアーin南相馬>
 以前から、被災12市町村で仕事がしたいと思っていました。これまでは、除染関係の事務職だったので、内勤ではなく現場である被災12市町村の現状を自分の目で確認したいと思いました。ちょうど、バスツアーで、南相馬市の事業所を見学でき、他地域からも乗車できたので、参加しました。これまで知らなかった業種の現場をみることができ、とても興味が湧きました。そして、南相馬市の現状もみることができました

 

<合同就職面接会(いわき)>
 合同就職面接会(いわき)には、前日に就職相談をしている時に、相談員から紹介されて参加しました。自宅からいわき市まで距離はありましたが、被災12市町村で仕事がしたいという思いが勝り、会場に向かいました。会場では、数社のブースをまわって話をききました。A社のブースで話をきいた時に、とても雰囲気が良くて、好感触でした。入社した後の話も具体的に話してくれたので、働く姿をイメージできました。入社したら、資格を取得する必要があるといわれ、初めは自分にできるかな、と不安でした。しかし、A社に魅了されたので、勉強してみようかな、という気持ちに変わりました。

 

<事業所への応募>
 面接会から1週間くらい後に、A社に応募しました。すぐに返事が来て、採用面接になりました。採用面接では、被災12市町村で働きたいと思っていたことや、引っ越してでも仕事をしたいと伝えました。4日後に、採用の連絡があり、就職が決定しました。面接会から半月で、自分の夢を叶えることができました。これまで、男性用の社宅しかなかったようですが、女性用の社宅も用意してくれて、住居について悩まずに引っ越すことができました。

 

<就職相談について>
 以前から、就職相談をしていましたが、偶然にも面接会の前日に電話をしたことで、参加しようという気持ちになれました。自宅とは離れている地域で開催するイベントも案内してもらえたので、就職に繋がりました。面接会の会場でも、相談ブースに行って自分の気持ちを整理しながら企業ブースをまわることができました。

 

<求職者へのメッセージ>
 あっという間に、就職することができたように思います。あまり焦っても仕方がないし、のんびりし過ぎてもいけないので、就職活動は難しいです。一番大切なのは、タイミング一歩を踏み出す勇気だと思います。タイミングを掴むためにも、勇気を出して行動してみることで、就職に繋がるかもしれません。就職がゴールではなく、これからがスタートです。スタートラインに立てるように、勇気を振り絞ってみて下さい。


求職者
就職しました!!
カテゴリー: 就職相談

福島県いわき市在住   まき 様 (32歳・男性)

相談している人のイラスト

 参加したきっかけは、某相談機関に通っていましたが、そこで嫌な思いをし、他に相談できるところがないかと資料集めをしていたところ、協議会で就職相談ができることを知りました。
 私は、出張相談(田村会場)に参加しましたが、その時、相談員と話をすることで救われました。いわき市に住んでいますので、会場である田村市まで片道2時間くらいかかりました。しかし、その甲斐あって、相談員が私の話に真剣に耳を傾けて下さり、一筋の光が見えたのを今でも覚えています。

 就職相談の中で、”大人のインターンシップ(職場体験)”を紹介され、すぐに申し込みました。体験実習は、事務関連の仕事を選びました。実習の中で、取引業者との打ち合わせにも参加させてもらいました。思いも寄らぬ体験から、人と話すことができる自分を発見できました。職場の方々も話しかけて下さり、今まで経験したことのないデスクワークに興味をもって取り組むことができました。3日間体験したことで、「まだ、私も正社員になれる!!」「チャンスを絶対につかみたい!!」という思いが湧いてきました。職場体験で人と接する仕事へのやりがいを感じ、無事に接客業の正社員(カスタマーエンジニア)として就職しました。

 現在は、就職したので、一段落しています。しかし、カスタマーエンジニアには知識・経験が何より大切なので、日々成長していきたいです。

 ”誰と出会うか”…、これは、もう運だと思います。しかし、仕事でのチャンスは、自分で行動して自分で掴むものだと、強く感じました。そのチャンスを掴むお手伝いをしてくれるのが、福島広域雇用促進支援協議会さんであると感じました。


就職相談
Page Top