HOME > 体験レポート

体験レポート

今後の業務のために  カテゴリー: 事故由来廃棄物等特別教育講習【企業申込型】  

廃棄物処理業 T.Tさん(男性・49歳)

事故由来廃棄物等特別教育講習 受講風景

 弊社では震災以来、除染作業から一連して福島県内の放射能汚染に携わってきて、今後は特定廃棄物セメント固形化処理業務を行う事になりました。
 この業務は放射線量が高い中での業務なのか、どのような環境下でするのか不安に思っていましたが、管理区域やモニタリングの内容が学べ、しっかりと線量管理された環境下での業務だと分かり、安心できました。
今後働いてもらう作業員の中にも、自分と同じように環境面で不安を感じている者がいるかもしれません。
講習で得た内容を活かして、安全に業務にあたれるようにしたいです。

 いろいろな職種がありますが、まずは講習に足を運ぶことが最初の一歩です。
私は事故由来で最終段階に入る業務を行う者として、これからの福島を明るい方向へと転化せるべく、今後の業務に取り組んでいきたいと思います。
 みなさん積極的に参加してみてください。


不安が解消されました!  カテゴリー: ビジネスシーンに合わせた仕事のスゴ技パソコン術講座  

空 様 女性(福島県)

   私は、パソコンを使った仕事に就きたいと就職活動をしていましたが、以前勤めていた会社では使用する機会もなく、しばらく触っていなかったため操作に不安を感じていました。このままでは希望の仕事に就くのは難しいのではと考えていたところ、前に協議会のパソコン講座を受講した叔母が、「すごく勉強になって良かったから、不安があるなら申し込んでみたら?」と、この講座を勧めてくれました。
忘れてしまった操作を思い出し、仕事に役立つ技術を身に付け就職に繋げたいと思い、基礎・応用・ビジネスメール編の受講を希望しました。

   基礎編では、キーボードの打ち方のコツを教えていただき、自己流で遅かった入力も早くなりました。忘れていたWordやExcelも、操作を思い出してくると徐々に楽しくなり、不安どころか、もっと学びたいと更に意欲も増しました。
その流れで応用編の講習に入れたので、難しいイメージだった関数計算の内容もどんどん吸収することができました。
また、ビジネスメール編では、普段気にせず使っているメールにもマナーや注意点があること、メールのメリット・デメリットなど、改めて聞けないことも教えてもらうことができました。

   講習中は、先生方も優しく、わからないところも丁寧に指導してくださり、不安なく受講できました。受講生の皆さんとも、パソコン操作を身に付けたいと同じ思いで講習に臨んでいるので、分からない部分は教え合ったりと、コミュニケーションをとりながら楽しく講習を進めることができました。

   今回の講習で、入力スピード・内容ともに仕事時間短縮に繋がるスゴ技を身に付けることができたので、これからは自信を持って就職活動をすることができます。
私と同じように操作に不安を感じている方は、ぜひ学んで欲しいと思います。


意見を述べられる人になりたい  カテゴリー: コミュニケーション能力講座  

CS様(福島県在住)

 私は引っ込み思案で人と接することが苦手で、大勢の人を前にするとなかなか自分の意見が言えなかったので、今後の仕事で活かせるようにと思い申込みました。

参加をすると性格をカードに置き換えて意見を出し合い、相手に自分の考えを述べ共有することに喜びを感じ、少しずつみなさんと話がしたいと思えてきました。今までは何を発言しても否定されるという思い込みが、あっただけかもしれません。自分の気持ちに変化があった講座でした。

仕事が決まったらどんな相手でも、前向きにコミュニケーションを取っていきたいです。

 最後に会話に自信がない方へ、気づきがあり悩みを解決できる講座です。おすすめします!!!


みんなが楽しく働ける職場環境づくりへ(企業申込型)  カテゴリー: コミュニケーション能力講座事業  

南相馬市 小売・サービス業 副店長 50代

コミュニケーション能力講座 受講風景

 最近スタッフが増えたこともあり、職場内でのコミュニケーション不足を感じる事が多くなってきました。他愛ない話はしていますが、業務内で感じた不満点等を伝えることができずギクシャクしているように見えます。
部署内、また他の部署の方とも気兼ねなく意見交換ができるように改善しようと考えています。そして、そのアドバイスができるようになりたいと思い受講を希望しました。

 講習にあたり「せっかく受講をするからにはテクニックを持ち帰るぞ!」と意気込んでいました。
しかし、講習を通じて一番強く感じたのは「感謝の気持ち」の大切さです。信頼関係の築き方や行動傾向に合わせた伝え方を学んでいく中で、テクニックよりも気持ちの重要さを見直しました。
また、今までは指導・教育について一律同じ方法で行っていましたが、指導されるスタッフの行動傾向によって教え方も変えていくべきだと感じました。

 今回の講習を通じ、人と人との関わり合い方や、自身の事もより深く知る事ができました。学んだ事をまずは管理職のチーム内で共有したいと思います。
そして笑顔が増え、みんなが楽しく働ける職場環境づくりができればと思います。


将来に活かす学び  カテゴリー: 介護福祉士実務者研修【企業申込型】  

安心・あさがお居宅介護事業所 西 様(60代 女性 南相馬市)

 私は、約17年前にホームヘルパー2級を取得しました。
その後、障がい福祉サービスと居宅介護事業を立ち上げ、事業主としてだけではなく、介護職員としても勤務を続けています。

 昨年度は、別のスタッフがこの講座を受講しましたが、今年度は私自身が国家試験受験のため、受講を希望しました。
人手不足で時間が無いため、通学の事を考えると近くで受講できるのが非常に良いと思います。受講料の面でも、スタッフの経済的負担がなく受講できるのも大きなメリットです。

 普段覚える機会がなかなかない「医療的ケア」の実習や、「介護技術」の復習も、大変勉強になります。
何をやるにも一連の流れがありますが、いざ授業の中でやってみると、余裕がなくうまく繋がらずに、手順を覚えるのに苦労しました。
今回、再び“介護”を学んだ事で、介護者主導ではなく利用者さんの立場に立って支援する事が大切だと、あらためて感じました。

 学ぶ事は楽しく、とても幸せな時間です。
学び、技術が向上すれば、利用者さんに心地よく過ごしてもらう事が出来ます。
将来に活かせるよう、ぜひ皆さんもチャレンジしてください。


就職相談
Page Top