HOME > 体験レポート

体験レポート

求職者
求人票だけで自己判断しないことが、大切!
カテゴリー: 合同就職面接会 / 職場体験実習(大人のインターンシップ)

福島県 50代 男性 K.H様 

<合同就職面接会in浪江に参加したきっかけ>

 新聞折込で、面接会があることを知りました。前々から興味があり、やってみたいと思っていた養鶏の会社が参加するので、行ってみようと思いました。

<合同就職面接会in浪江に参加した感想>

 一目散に、希望の企業ブースに向かいました。求人票には、応募年齢の欄に制限が書いてあったので、それ以外の年齢では応募できないのか、詳しく話を聞くことができました。そして、養鶏の仕事に興味があることを伝えたところ、企業さんから、「興味があるなら、一度、職場体験に来たらどうか」と声をかけてもらえました。その後すぐに会場で、職場体験の申込をしました。

<職場体験の感想>

 生き物を育てるというのは、こんなにも大変なことだとは思いませんでした。体験してみて、仕事の責任を改めて感じました。でも、現場の皆さんが丁寧に仕事内容を説明してくれたので、3日間の体験はとても充実していました。そして、就職した後の福利厚生や通勤に関することなど、詳しく教えてもらえたので、信頼できる企業であることも、体験してわかりました。その後、すぐに応募し、就職が決まりました!!

<今後の目標>

 就職してから、鶏舎の掃除、巡回、設備点検などの仕事を担当しています。毎日仕事をする中で、命を育てることに重圧を感じています。しかし、上司や一緒に働く方々も、皆いい人達ばかりなので、この仕事一筋で、これからも続けていきたいです。

<就職活動中の方へメッセージ>

 求人票だけで自己判断しないことが、大切だと思います。年齢を気にする方、たくさんいるかと思います。面接会で採用担当の方と直接話しをしたり、仕事の内容や職場環境など、実際に体験してみないとわからないものです。現場に行ってみて、改めて気づくこともあります。自分の気持ちを直接伝える機会にもなりますし、諦めないで、まずは現場に足を運んでみてください。


求職者
『新たなスタート!!地元に貢献していきたい』
カテゴリー: 合同就職面接会 / 建設機械等運転技能講習 / 就職相談

H.H様 59歳 男性(南相馬市在住)

 私は、今まで特殊な仕事に長く従事してきましたが、家庭の事情で退職し、地元の南相馬に帰ってきました。いざ転職、となったら再就職に結びつくような資格が無く、悩んでいたところ、協議会で資格取得講習を開催していることを知り、『クレーン・玉掛け運転技能講習』に申込みました。

 その後、講習を受講することができ、この資格を活かした仕事を探していると、相談員から『合同就職面接会』を案内されました。ハローワークで見た求人の企業も参加することを知ったので、直接採用担当者に話しを聞きに行こうと思い、『合同就職面接会』に参加しました。
 企業ブースを訪問し、自身の特殊な経歴や、クレーン・玉掛けの資格はあるけれど、実務経験が無いことを伝えると、それでも応募を受け付ける、と言ってもらえたので、すぐに『求職者カフェ』で応募書類を作成し、応募しました。

その後面接に伺い、その場で採用が決定!!

 事前に面接会で企業の採用担当者に、『自分自身』をアピールできていたことが良かったのかな、と思いました。

 新しい職場では、『言われたことを柔軟に受け止める』、『自分からコミュニケーションを取り、歩み寄っていく』ことを心掛けて、仕事をしたいと思っています。長く地元を離れていたので、今後は地元に貢献していきたいです。

 就職活動中でなかなか仕事が決まらない、という皆さんには、

迷っている場合じゃない、選り好みしないで、まずは行動あるのみ!ということを伝えたいです。


求職者
行動してみると…!!就職への道。
カテゴリー: 合同就職面接会

南相馬市 20代 男性

 仕事を辞めて、20日くらい経っていて、次の仕事に就くために就職活動をしている最中でした。そんな時に、面接会のTVCMをみた父親から、行ってみたらどうかと勧められて参加しました。

 会場に行ってみたら、色々な職種の企業が集まっていたので、驚きました。介護、建設、土木、事務、接客などのブースに行きました。一対一で個別に話ができ、聞きたいことを自由に質問できました。企業の方が、わかりやすく説明してくれたので、満足のいく面接会でした。

 参加後に就職できたことは、変化として一番感じていることです。休暇や給与面を重視して探していましたが、その質問にもきちんと答えてくれた会社は、「いい会社だな」と感じました。そういう思いになったことで『経験したことのない職種に、応募してみよう』と思えたことも変化です。

 地元である、南相馬市に就職したいと思ってました。この会社に決めたのは、ブースで話をきいた時に、“接客が、楽しそう!!”と思えたからです。他にも、接客業の会社はありましたが、その中でも一番楽しそうだと思える仕事内容でした。経験はなかったのですが、話をきくうちに、『やりたい!』という気持ちが湧いてきて、応募しました。

 就職したばかりで、仕事を覚えることで精いっぱいですが、早く一人前になれるように、頑張っていきたいです。

 

就職活動中の方へメッセージ
 特にやりたいことがなくても、行動してみると、自分にできそうな仕事がみつかるかもしれません。とりあえず行動してみると、就職に繋がる可能性もありますので、頑張ってください。


求職者
行動あるのみ!就職しました!
カテゴリー: 合同就職面接会 / 職場体験実習(大人のインターンシップ)

E.K. 32歳 男性(福島県)

就職面接会(30.6月)
 転職を考えていた時に、たまたまコンビニで面接会のチラシを見たのがきっかけです。自分なりに、気になる企業について調べましたが、わからないことが多く、直接話を聞きたくて、参加しました。今までやってきたことが活かせるのか、社会貢献でどんなことをしているのかなど、ざっくばらんに話ができました。実際の現場や仕事内容をもっと知りたいと思ったので、職場体験実習をすることにしました。


職場体験実習(30.7月)
 従業員同士で、声を掛け合って協力している様子から、皆で会社を作り上げていこうという気持ちが伝わりました。新しい会社なので、形式張った仕事だけではなく、あらゆる作業の体験ができ、自由な社風から、「この会社で働きたい!」と強く思いました。
今の仕事を約10年やってきて、「このままでいいのかな」「何かに挑戦したい」と思い始めた時期だったので、やりがいを求めて、この会社に応募することに決めました。


就職決定の連絡(30.7月)
 新しい会社だからこそ、自分で仕事を作り上げていくことができると思います。まさに“クリエイティブ”な仕事に、どんどんチャレンジしていきたいです。

就職に向けて、頑張っている方々へメッセージ
 行動あるのみ!!何もしないと始まりません。何事にも、情熱を持って取り組んでください!!
 


求職者
引っ越して、被災12市町村で働きます!!
カテゴリー: 企業見学バスツアー / 合同就職面接会 / 就職相談

匿名希望

taiken_story

<バスツアーin南相馬>
 以前から、被災12市町村で仕事がしたいと思っていました。これまでは、除染関係の事務職だったので、内勤ではなく現場である被災12市町村の現状を自分の目で確認したいと思いました。ちょうど、バスツアーで、南相馬市の事業所を見学でき、他地域からも乗車できたので、参加しました。これまで知らなかった業種の現場をみることができ、とても興味が湧きました。そして、南相馬市の現状もみることができました

 

<合同就職面接会(いわき)>
 合同就職面接会(いわき)には、前日に就職相談をしている時に、相談員から紹介されて参加しました。自宅からいわき市まで距離はありましたが、被災12市町村で仕事がしたいという思いが勝り、会場に向かいました。会場では、数社のブースをまわって話をききました。A社のブースで話をきいた時に、とても雰囲気が良くて、好感触でした。入社した後の話も具体的に話してくれたので、働く姿をイメージできました。入社したら、資格を取得する必要があるといわれ、初めは自分にできるかな、と不安でした。しかし、A社に魅了されたので、勉強してみようかな、という気持ちに変わりました。

 

<事業所への応募>
 面接会から1週間くらい後に、A社に応募しました。すぐに返事が来て、採用面接になりました。採用面接では、被災12市町村で働きたいと思っていたことや、引っ越してでも仕事をしたいと伝えました。4日後に、採用の連絡があり、就職が決定しました。面接会から半月で、自分の夢を叶えることができました。これまで、男性用の社宅しかなかったようですが、女性用の社宅も用意してくれて、住居について悩まずに引っ越すことができました。

 

<就職相談について>
 以前から、就職相談をしていましたが、偶然にも面接会の前日に電話をしたことで、参加しようという気持ちになれました。自宅とは離れている地域で開催するイベントも案内してもらえたので、就職に繋がりました。面接会の会場でも、相談ブースに行って自分の気持ちを整理しながら企業ブースをまわることができました。

 

<求職者へのメッセージ>
 あっという間に、就職することができたように思います。あまり焦っても仕方がないし、のんびりし過ぎてもいけないので、就職活動は難しいです。一番大切なのは、タイミング一歩を踏み出す勇気だと思います。タイミングを掴むためにも、勇気を出して行動してみることで、就職に繋がるかもしれません。就職がゴールではなく、これからがスタートです。スタートラインに立てるように、勇気を振り絞ってみて下さい。


就職相談
Page Top