HOME > 体験レポート

体験レポート

就職の幅が広がります!!  カテゴリー: ビジネスシーンに合わせた仕事のスゴ技パソコン術講座  

T.Kさん

私は、パソコンの経験が全くなく、求人票に求められる経験によく記載があるエクセル・ワードを習得して、就職活動を進めたいと考えていました。
そんな時、協議会のホームページで「ビジネスシーンに合わせた仕事のスゴ技パソコン術講座」の開催を知り、絶好のチャンスだと思い参加を決めました。

今まで全くできなかったエクセル・ワードが、日々身についていくのを実感できとても楽しかったです。
今では、応用まで習得できて、挑戦できなかった事務職への就職活動の幅が広がりました。
今後は、この経験を活かし就職活動をしていきたいです。

この講習会は、自分に自信が持て力になります。就職の幅が広がるチャンスです。就職活動中の方には是非、受講してほしいです。


トップの率先垂範に勝るものはない(企業のためのバスツアー/企業申込型)  カテゴリー: 職場見学バスツアー【企業向け】  

南相馬市 株式会社銀河警備保障様

 社内に雇用確保プロジェクト委員会を立ち上げ四年半になります。社員の職場定着の安定化に伴い、退職者防止の観点から、「働きやすい職場環境づくり」と「企業内家族化」をスローガンに進めて参りました。また、国、地方自治体の労働行政にまつわる様々な支援事業などに積極的に参加しております。そのような中、今回のバスツアーの企画を知った弊社の社長から、「異業種を見学することは非常に勉強になることだから是非参加するように。」と勧めていただきツアーに参加しました。

 3社を見学し、それぞれの経営者の生の声をリアルに聴くことができ、発想力、行動力、伝達力、そして皆さんが持っている人徳を大いに感じ、感動しました。

 異業種でありながら、全社に関して共通して感じたのは、各社の社員の方々の接遇マナーが非常に良く、これはどんな場合でも企業としては、大いに学ぶべき重要な要素だと再認識しました。皆さま、業務内容を事細かに熱心に説明していただき、親切丁寧で見学後にはわざわざ外に出られて車中の我々に対し、お見送りまでいただきました。これら様々な心配りに感謝しつつ、今後の参考にさせていただきます。

 社内プログラムも参考になりましたが、何よりも礼儀正しく、規律があり、整理、整頓され清潔で、そこからは行き届いた教育が見えました。やはり、トップの率先垂範に勝るものはないと思いました。また、一社終わる毎に渡部先生が解説して下さるので、各社の特徴がわかりやすく理解できました。必ず、今後の社内運営に役立たせます。

 各社共にお話がお上手で、知識や教養もさることながら、トップのカリスマ性と人間的な魅力に溢れた方々でした。他社に学ぶと言うことは大事なことだと感じると同時に、もっと多くの企業のリーダーの方々が、このツアーに参加されればいいなと思いました。


延いてはお客様のためになること  カテゴリー: 介護福祉士実務者研修【企業申込型】  

株式会社ツクイ南相馬 大森 様(40代・男性)

私が介護職を目指したきっかけは、母が利用しているデイサービスで仕事をしたいと思い、震災後に介護を一から学びました。

今では実務経験も3年を優に超え、国家試験である介護福祉士の受験を考えていました。
そのために「介護福祉士実務者研修」の受講をしたいと思っていたところ、勤務先からの情報で協議会企画の同講座が開催されると知り、すぐに受講を希望しました。
同時に勤務先からこの講座への参加を認めてもらった事で、介護職員としての自分を認めてもらえたのだととても嬉しく感じました。

教室で他事業所の方々と話す事で、自分とは異なる介護方法やレクリエーションの内容などの情報交換もできました。
それは新たな知識となり、すぐに自分の仕事に活かす事ができました。
受講を進めていくと自分に自信が持てるようになり、職場の先輩からも「生き生きしているね!」と言われました。
今は後輩に教える立場として、さらにやりがいを感じています。

身につけた技術は自分のためでもあり、お客様のためにもつながる事です。
介護職は人の命を預かる仕事で、日々迷いや不安を感じる事もありますが、改めてこの講座を受講する事で、技術面やメンタル面が向上し、それが自信となり不安解消にもつながります。
介護職をされているみなさまも実務者研修を受講し、介護福祉士を目指して欲しいと思います。


今こそ学ぶべき講座  カテゴリー: 介護福祉士実務者研修【企業申込型】  

福島県双葉郡 M.K 様(60代・男性)

私は介護職に就いて3年になります。
次の段階として、介護福祉士国家試験の受験を考え「介護福祉士実務者研修」を受講しようと、近くで受講出来るところはないか探していました。
そんな時タイミング良く、勤務先に協議会企画の同講座開講案内が届き、受講を決めました。

スクーリング通学中は、通常勤務と講座が並行しているため、ゆっくり休める日はあまりありませんが、通学も10回程度という事もあり、自分がもっとステップアップするために頑張っています。

いざ受講してみると、介護技術の再確認や自分のウィークポイントを発見する事ができた4ヶ月でした。
今までは、自分自身が仕事に追われ、サービスのクオリティが心配でしたが、受講後は介助の際に利用者様から「前よりも楽だよ」と声を掛けていただいたり、自分でもスムーズだと感じる程、自身の体への負担も少なくなりました。
また、職場の先輩方のアドバイスが学習内容とリンクするので、すぐに仕事に活かせる場面が多くなりました。
人生のキーワードとして考えると「利用者様の心を見つめ続ける介護職。」として、ますます大切な仕事だという事を痛感しております。

以前、介護を学んだ学校の校長先生は、90代で現在も活躍されており、今も仕事の悩みや不安などを相談しています。
私もさらにステップアップしながら、ずっと介護の仕事を続けたいと思っています。
この講習は、実務経験を積み重ねてきている“今”だからこそ学ぶ意義があります。
利用者様の「考える杖」として、介護職の目が開かれますよ。


他社の取り組みを活かす!(企業のためのバスツアー/企業申込型)  カテゴリー: 職場見学バスツアー【企業向け】  

広野町 株式会社 プリント電子研究所様

参加のきっかけは、福島広域雇用促進支援協議会からのチラシを見て希望しました。
今回、参加させていただき、県内の熱心な企業が多く出席されていることに驚きました。
この機会に聞きたいことが沢山あったので、質疑応答の時間がもっとあればよかったと思います。
すべての経営者が、自らが熱く熱く自社の取組を語っており、様々な事例を取り上げ、お話いただきました。
バックヤードまで見学させていただき、従業員のやる気向上をどのようにしているかなど、とてもわかりやすかったです。
また、掃除の時間、場所を決めて一斉におこなっていることなど、自社でも直ぐに取り組めることがあると思いました。
他社の取り組みを実際に見ることで、勉強になることがたくさんあります。時間をさいてでも参加することが、自社のためになると感じました。


就職相談
Page Top